はじめてのカナダ留学

【カナダ留学】日本からカナダへ荷物を送る方法を徹底解説2019ver

カナダに留学中の人の中には、日本からカナダへ荷物を送ってほしいという場合もあるかと思います。

  • 「日本からカナダへの郵送ってどんな方法があるんだろう?」
  • 「日本からカナダってお金はいくらかかって、何日かかるかな?」

こんなふうに、日本から海外へ荷物を送るとなると、どんな方法で送るのかなど分からないことが多いですよね。この記事ではそんな方へ向けて、日本からカナダへの荷物の送り方や料金、配送タイプなどについて解説していきます(*´ω`*)

日本からカナダへの郵送方法

日本からカナダへ荷物を送る場合に、最も利用されている方法は日本郵便の国際郵便サービスです。日本郵便の国際郵便でカナダに荷物を送る方法は、以下の5種類です。

  • EMS(国際スピード郵便)(航空便)
  • 国際小包(航空便、SAL便、船便)
  • 小型包装物(航空便、SAL便、船便)
  • 国際eパケット(航空便)
  • 国際eパケットライト(SAL便)
Cana
Cana
それぞれの配達種類の特徴ってなんだろう?

EMS(国際スピード郵便)

  • 国際郵便の中で最もスピーディーな配達方法。国際郵便の中でも最優先配送物。
  • 損害要償額が2万円までは無料(引き上げ可能)
  • 配達状況の確認可能
  • 割引サービスあり

国際小包

  • 重量は30kgまでOK
  • 荷物の個数によって割引サービスあり
  • オプションサービスあり(保険、受取通知)
  • 航空便・SAL便・船便を選択可能

小形包装物

  • 最大重量2kgまで可能
  • オプションあり(書留、受け取り通知)

国際eパケット

  • 最大重量2kgまで可能
  • 6,000円を限度とした補償あり
  • オンラインで発送ラベルの印刷可能
  • 一部の国で追跡可能

国際eパケットライト

  • 最大重量2kgまで可能
  • 国際eパケットよりも安い
  • オンラインで発送ラベルの印刷可能
  • 届け先の郵便受箱に配達可能

 

国際eパケット・eパケットライトの発送ラベルの印刷は、「国際郵便マイページ」から利用可能です。
>>>国際郵便マイページに登録する

EMS・国際eパケット・国際小包は、荷物が10個以上の場合に限り10~20%の割引サービスが適用されます。

>>>EMSの割引サービス
>>>国際小包の割引サービス
>>>国際eパケットの割引サービス(書留の割引が適用される)

 

発送方法のタイプ

国際郵便の発送方法は、航空便、船便、エコノミー航空(SAL)便の3つです。主に、荷物が届くまでにかかる日数によって料金が異なります。自分の都合に合わせて、発送タイプを選ぶことが可能です。

EMS
(国際スピード郵便)
国際郵便の中で最優先の取り扱いで最速。
各国への届け日数は約2~4日程度。
航空便 飛行機での郵送のため、料金やや高め。
各国への届け日数は約3~6日程度。
エコノミー航空(SAL)便 船便より速く、航空便よりも安い。
各国への届け日数は約6~13日程度。
船便 時間はかかるが格安で利用可能。
各国への届け日数は約1~3か月程度。
SAL便は取り扱い国・地域が限られるので事前に要確認です。
>>エコノミー航空(SAL)便取り扱い国・地域を確認

荷物の重量、各配送方法による料金や配送日数の確認は、国際郵便料金表をご確認ください(`・ω・´)

 

日本からカナダへ国際宅急便で送れないもの

国際郵便としてカナダへ送れないものには、各国共通で禁止されているものと、国別によってそれぞれ異なる禁制品があります。カナダの法律や条約によって、制限されるものもあるので、送る前にしっかりと確認するようにしましょう!

国際郵便では、以下のような航空危険物は送ることができません。これらは国や地域に関係なく、各国共通の禁制品です。

航空危険物とは?
航空機の安全運航を脅かしたり、航空機・空港施設等に危険を及ぼす恐れのあるものや、ご搭乗されるお客さま、乗務員、空港で働く社員などの健康に害を与える恐れのあるものとして、航空法関連法規により規定されたものを「航空危険物」といいます。

図引用:日本郵便公式サイト

日焼け止め、香水、マニキュア、電子タバコ、アルコール飲料(アルコール濃度が24%を超えるもの)等も送ることができないので注意しましょう!

>>>各国共通の禁制品の詳細をチェックする

カナダで禁止されているもの例
  • ライター(ブタンガス使用のライター、再装てん用ガスボンベ
  • 羽毛(野鳥の羽毛、頭、翼、尾及び皮)
  • 弾薬、マッチ等
  • 肉(肉、肉製品、肉の缶詰)

>>>カナダの禁制品を詳細をチェックする

 

カナダへの郵便物の送付について

カナダへの荷物の郵送については、テロの水際防止等を目的として、郵便物の税関検査を強化しています。これによって、差出人や受取人の住所氏名、郵便物の品名、数量、価格等の情報がしっかりラベルや税関告知書に正確に記載されていないものは、日本に返送されたり、カナダ国内法令に基づき没収されたりする事例が増えています。

伝票ラベルや税関告知署は、英語またはフランス語で正確に書くように注意しましょう(`・ω・´)!

この税関検査の強化によって、カナダあて郵便物全般に遅延のおそれが発生しています。

 

ラベル記載方法
品名 誤った記載例 正しい記載例
インスタントラーメン 単に「Food」との記載
日本語のみで「インスタントラーメン」との記載
Instant noodles
日用品(上着、ズボン等) 単に「Article for daily use」との記載
日本語のみで「日用品」との記載
Jacket、Pants、Books等品目ごと記載

>>>ラベルや税関告知書の注意点詳細をチェックする