カナダ留学準備

カナダのお金の種類とマメ知識

カナダに留学するにあたり、現地で買い物をする際などにカナダドルを使用する機会があるかと思います。
「カナダのお金ってどんなだろう?」「アメリカドルとは違うの?」

というふうに、カナダの通貨を知らない人、今まででカナダのお金を見たことがある、という人は案外少ないのではないでしょうか?外国の通貨には慣れるまで使いこなすのが難しいと思います。留学前に事前に知識として少しでも、カナダの通貨について知っておきましょう。
この記事では、カラフルでかわいいカナダのお金についてご紹介していきます(*´ω`*)

 

カナダのお金の種類

カナダで使われているお金はカナダドルと呼ばれ、単位は「ドル」と「セント」です。文面で表記される場合は「CAD(Canadian dollar)」と書かれます。

カナダの紙幣

カナダの紙幣は、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルの5種類です。
偽造防止のため、2013年からは全紙幣が「ポリマー紙幣」になり、しわや汚れも付きにくい作りになっています。カナダの紙幣はそれぞれの色に違いがあり、とてもカラフルです。日本のお札やアメリカの紙幣と違って、瞬時に区別しやすいのが特徴です。また各紙幣は、カナダの公用語である英語とフランス語の両方で表記されています。


出典:Bank Of Canada

 

カナダのコイン

カナダのコインは、紙幣と同じく5種類あります。それぞれのコインにニックネームのような愛称がついているのが特徴です。

左から順番に、5セント、10セント、25セント、1ドル、2ドルです。

    
各コインの愛称
  • 5セント(ニッケル)
    昔はニッケル製だったことが由来
  • 10セント(ダイム) 
    フランス語で10分の1という意味が語源
  • 25セント(クウォーター)
     1ドルの4分の1という意味から
  • 1ドル(ルーニー)
    ルーンという鳥のデザインが由来
  • 2ドル(トゥーニー)
    ルーニー(1ドル)が2つでルーニー

2013年以降は使用が廃止されていますが、それまでは通称ペニーと呼ばれる1セント硬貨も流通していました。1セントコインはもう使われていませんが、単位としてはクレジット決済等でも1セント単位までカウントされます。

カナダのお金に関する豆知識

100ドル紙幣は超珍しい!

現金ではなくクレジット払いが一般的なカナダでは、100ドルを持ち歩く人は滅多にいないため、普段の生活で100ドルを目にするのは非常に珍しいことだそうです。
わたしの留学先のカレッジの先生も、30代半ばの女性でしたが、子どのころから今までで100ドルを見たことは数えるほどしかないと言っていました。街中などで100ドルを持っている人をみると、「あっ!100ドルだ!」と少し驚くそうです。

実際に小さなお店などでは、100ドルの受け入れを拒否するお店が稀にあるそうです。
カナダ人にとっての100ドルは、日本人が思うよりも高額なので、安全のためにもあまり持ち歩かないほうがいいと思います!

カナダのお金でよく使うのは20ドル!

カナダ人がよく使う紙幣は、5ドル、10ドル、20ドルです。クレジット払いがメインになるので、あまり大金を持ち歩かないのがカナダ人の特徴です。そのため、現金を使う時は数百円から1000円ちょっとの買い物が多いので、現金で持ち歩くなら20ドルを入れておくと便利です。カナダでATMからお金を引き出すときも、20ドルでの引き落としがほとんどです。

コインの場合は、25セント、1ドル、2ドルを持っておくと便利です。1ドル、2ドルはチップを払う際に便利なので、常に財布に入れておくことをおすすめします!