都市別カナダ留学

カナダのチップ文化を徹底攻略!シチュエーション別に解説

日本にはない海外のチップを払う習慣。カナダはチップを払う文化があるので、留学した場合は現地の習慣に従う必要があります。

カナダでは、色々なサービスにチップが払われます。この記事では、どういったサービスに対してチップを払うのかや、シチュエーション別による支払い方法などについてまとめています。
カナダに行ってチップを支払う際の参考にしてみてください~!

 

そもそもチップって何で払うの?
チップを払うことは義務なの?

チップは感謝の表れ

チップは、サービスを提供してくれる人に対して感謝を表すものであり、「Gratuity(心づけ)」とも言われています。質が高いサービスであればあるほど高いチップがもらえるため、サービスを提供する側は一生懸命お客様に満足してもらえるようにと頑張ります。
チップは、サービス料の約15~20%くらいを支払うのが一般的です。

日本の場合は、お客さんを気遣うことは当たり前の「おもてなし」という文化がありますが、海外の場合はそういったサービスは全てチップの対象になります。サービスの利用料金と、おもてなし料金が海外では独立していると考えたほうがいいですね。

チップの支払いはマナー

提供されたサービスに満足しなかった場合は、チップを支払わなくていいのかというと、そういう訳でもありません。チップの支払いは一つのマナーであり、法律などによる縛りはありませんが、ほぼ義務のようなものです。

私がカナダに留学中も、カナダ人の友達と一緒に行ったレストランで、接客態度が最悪だったスタッフに対して、「なんであんな接客にチップを払わなきゃいけないんだ~!」と言いながらも払っていました。

チップを払い忘れてしまうと、そのスタッフに嫌な顔をされてしまうので、頻繁に利用するお店などの場合は特に注意しましょう!

 

シチュエーション別のチップ事情

レストラン

チップを払う機会が最も多いのがレストランやカフェなどの、飲食店だと思います。セルフサービス以外のお店では、基本的にチップを払う必要があります。
チップの相場は大体10~20%です。

目安としては、最低限のごく普通のサービスだと感じたらチップ10%、接客は良かったけど料理がイマイチだなと思ったら15%、どれも完璧で大満足のサービスだと感じたら20%支払う、というようなかんじです。

チップの支払いは、店側が事前にチップ代を含んだ金額の伝票を渡してくる場合があります。その場合は、「gratuity」または「service charge」と書かれています。チップ込みの料金を請求された場合は、それとは別にチップ代を払う必要はありません。

伝票にチップが含まれていない場合は、チップをプラスした分だけ払い、おつりは受け取らないという方法や、チップ代をテーブルに置いて帰るという方法もあります。
クレジット払いの場合は、自分でチップを含んだ金額を入力します。チップのみ現金で払うことも可能です。

タクシー利用時

カナダでは、タクシーに乗ったときもチップを払います。相場は大体10~15%くらいが目安です。荷物を多めに積んでもらった時は、少し多めに払うのが一般的です。
タクシー料金を払う際に、チップの分も上乗せして払います。タクシーの会計は極力スムーズなほうがいいので、利用料金にチップ代を足したキリのいい金額を支払って、おつりを受け取らないというのがおすすめな支払方法です。

 

ホテル

ホテルで受けるサービスは、チップが発生する場面がいくつかあります。
荷物を運んでくれるポーターには、バッグ1つにつき1~3ドルくらいが相場です。
ルームサービスを頼む場合は、料理の総額の10~15%を払うようにしましょう。お会計はチェックアウト時にまとめて払うことが多いので、チップ分だけを渡しておくのが良いでしょう。ルームサービスを運んでくるワゴンに乗せても大丈夫です。

ホテルの清掃スタッフに向けてのチップは、払う人と払わない人がいますが、払う場合は1泊あたり1~3ドルくらいが一般的です。チップを払ったほうが、サービスを提供する側はやる気が出るので、チップを払うことでより良いサービスが受けられるでしょう。チップは枕元に置いておきましょう。

ホテルのフロントにはチップは払わなくて大丈夫です!