都市別カナダ留学

カナダ留学に変圧器は必要なの?

留学生活前に必ず確認しておきたいことが、留学する国の電圧事情です。
留学する国の電圧やプラグの形が、日本と異なるのであれば事前に対策が必要です。
日本と電圧が異なる国の場合は、変圧器がないと携帯の充電ができなかったり、その他の電化製品も使用できないので注意が必要です。

カナダの電圧事とは?

カナダの電圧は110~120Vです。日本の電圧は100Vなので、カナダの電圧は日本よりも少し高めということになります。電圧の差は約20Vほどありますが、日本とカナダの電圧はほぼ一緒であると考えて大丈夫です。なので、普通の一般的な電化製品の場合は、変圧器なしでそのまま利用することができます。

対応電圧が110V未満の電化製品をカナダで使用する場合は、故障などの原因になる可能性があるので、変圧器を使うようにしましょう。

最近の電化製品は、グローバル対応可能なように100V~240Vくらいの電圧のものが多くつくられています。iphoneの充電アダプタなども、100V~240Vです。

カナダ留学に持っていく電化製品の電圧を事前に確認しましょう。
その電化製品が、110~120Vの電圧であれば、変圧器を使わずに使用可能です!

 

カナダのプラグの形は日本と同じ?

電圧と同じく、差し込みプラグの形状も確認が必要です。電圧が同じでも、プラグの形が違うと、コンセントに差し込むことができません。

カナダのプラグの形状は、日本と同じタイプAです。そのため、プラグの形を変えるような対策は特に必要ありません!
カナダのコンセントは上の写真のような形状で、差し込み口の下にもう一つ小さな穴があります。日本の電化製品がそのまま使える場合は、この穴には何も差さなくても大丈夫です。

また、周波数に関しても、カナダは日本と同じ60Hzなので特に問題はありません。

 

変圧器を買う際の注意点

もしカナダで変圧器が必要になった場合は、いくつかの点に注意する必要があります。
まず変圧器は、120Vのものを買うようにしましょう。
そして、変圧器が日本の電化製品の周波数に対応しているかどうかの確認も必要です。

変圧器を使用する場合は、「日本の電化製品→変圧器→カナダの差し込みコンセント」の順番に繋ぎましょう。

 

まとめ

結論として、カナダ留学には変圧器・変換アダプタはほぼ必要ありません。
もし仮に、変圧器等が必要な場合はカナダで購入することも可能なので、心配ありません!

  • カナダの電圧は110V~120Vで、日本とほぼ同じ
  • カナダのプラグの形は日本と同じタイプA
  • カナダの周波数は日本と同じ60Hz