都市別カナダ留学

カナダ留学中に病院に行く場合は?!カナダの医療事情まとめ

カナダ留学中に風邪を引いてしまったりして、現地の病院に行く場合ももしかしたらあるかもしれないですよね。そんな時、「カナダの病院に行くときって何を持っていったらいいの?」「カナダ現地の病院事情で知っておくべきことって何?!」というふうに、何をどう準備しておいたらいいのか分からないですよね。

「保険の問題も絡んでくるだろうし、外国の病院に行くってハードル高いな…」と不安に思う人が大半だと思います。

この記事では、そうした不安や疑問を解決するべく、カナダの病院事情や事前に知っておいたほうがいいことをまとめています。

 

カナダの医療事情

カナダの医療保険制度「メディケア」とは

カナダではメディケアという国民皆保険制度を導入しており、カナダ国民は日本でいう国民健康保険に加入することができます。このメディケアによって、基本的に通院・入院にかかる医療費は全額を国によって負担してもらえるので、カナダ国民は無料で医療機関を利用することができます。なんと手術を受ける場合もすべて無料です!

日本の場合は、病院等の窓口で3割の医療費を支払いますが、カナダ人はその必要がありません。診療が終ったらそのまま帰れます。

カナダでは、日本の「国民健康保険」や「健康保険料」にあたる毎月の支払いもありません!全て税金で賄われています。

 

ただし、眼科・歯科の診療、薬代(入院中は無料)、リハビリ治療は例外で全額個人の負担となります。
カナダ人は、小さい頃から歯にものすごく気を遣っているイメージが強いですが、歯科治療が高額であることも関係しているのかもなーと思いました。

 

留学生は医療費全額負担なので保険加入が必須!

カナダ国民は、メディケアのおかげで医療費が無料ですが、カナダへの留学生はこれが適用されません。そのため、保険に加入せずに病院等に行って治療を受けた場合、高額な医療費を請求されることになります。

代表的な医療項目あたりの費用一覧

No 項目 費用 日本(参考)
1 救急車の料金 ①公営:42,300円
②民営:通常利用しない
①無料
②通常利用しない
2 初診料 11,200円~12,000円 2,820円
3 病院部屋代
(1日当たり)
①個室:297,300円
②ICU:788,900円
①個室:30,000円~100,000円
②ICU:80,000円~100,000円
4 虫垂炎手術の治療費 ①総費用:812,500円
②平均入院日数:2日
①600,000円
②4日間
5 骨折時の治療費
(橈骨末端閉鎖性骨折)
79,400円 20,000円
虫歯治療 35000円 5000円

引用:保険Times

それぞれの医療費が、総じて高額であることが分かると思います。特に歯科治療は、日本の何倍も請求されます。
いつ、何が起きて病院に行くか分からないので、万が一の時に備えて海外保険に必ず加入しておくことがおすすめです!

 

カナダの病院の種類

 

カナダにある病院は、ほとんどが政府系の公立病院で、私立病院やクリニックは非常に少ないです。カナダの病院は、大きく3つに分類できます。

  1. Walk in Clinic
  2. ファミリードクター
  3. 専門医

Walk in Clinic

日本で病院に行くときは、最初から内科や外科、耳鼻科等の自分の症状に合わせて病院を予約したりして行きますよね?
カナダの場合はそうではなく、どんな症状であっても最初はWALK IN CLINIC(以下WIC)に行くのが主流です。いわば、総合病院のようなものです。そこから、症状によってはWICのお医者さんが専門医への紹介状を書いてくれます。WICは予約なしで診察が可能です。

WICは、ファミリードクターをもたない留学生や移民の人々が多く利用するため、待ち時間が長く混雑していることが多いです。

 

ファミリードクター

カナダ人は、かかりつけの専属医をもっていることが多いです。ファミリードクターとは、家庭の主治医(家庭医)のことを指します。ファミリードクターは、指定された患者しか診療しないため、自分のファミリードクターをもつためには事前登録が必要です。

ファミリードクターにかかっている人は、歯の治療を除き、どんな症状であっても初めにファミリドクターに診療してもらいます。ウォークインクリニックと同様に、症状の重さによって、ファミリードクターが専門医の紹介をしてくれます。

  • 予約制なので待ち時間がない
  • ずっと同じお医者の診療を受けるため、自分の健康を深く理解してくれる
  • 長い付き合いになるので、安心感がある

 

緊急外来(ER)

ファミリードクターの予約を取れない場合や、ウォークインクリニックの時間外・週末・重傷の場合は総合病院の救急外来(ER)を受診できます。

しかし、症状の緊急性が低いと判断された場合は、先に受診した患者であっても後回しにされ、ものすごく待たされるということも多いです。ERの待ち時間については、各州の保険省の公式ホームぺージで公開されているようです。

ERでの待ち時間については州の保健省のホームページなどで公開されていますが、これによると、オタワ病院の場合、患者10人中9人は、複雑症例で14.6時間、単純症例で5.2時間と表示されています。
引用:在カナダ日本国大使館HP

カナダの医療機関での待ち時間の長さは国内でも問題になっていますが、根本の問題は深刻な医師不足が起因しています。

 

カナダ留学中に風邪・病気等になった場合

もしカナダ留学中に、風邪や体の異変を感じた際は、まずどうしたらいいのかをまとめます。

  • まず最初にウォークインクリニックで診療してもらう。
    (緊急の場合は緊急外来を利用)
  • WICにて、必要なら専門医を紹介してもらう
  • 保険に加入していないと、治療費が高額なので事前に入っておく

州別の医療機関については、在カナダ日本大使館のHPに詳しくまとめられているので参考にしてみてください!

>>>カナダの留学先都市別の医療機関情報はこちら