留学のお悩み

カナダ留学者必見!消防・警察・救急等の緊急時の連絡先一覧

消防や救急などの、緊急時の連絡先は国によって異なります。

日本の場合は、消防・救急が911で、警察が110番ですよね!
これがカナダでは消防・警察・救急全て911に連絡します。

カナダ留学中に、いつ緊急事態に遭遇するかわかりません。
自分の身を守るという意味でも、いざという時のために、状況別にどこに連絡したらよいのかを把握しておきましょう(・ω・´)

 

消防・警察・救急すべて911に電話!

カナダは日本のように警察や消防などの状況別に連絡先が分かれていません。
消防・警察・救急のいずれの事態もすべて「911」に電話します。(アメリカと同じ)
発音は「Nine-one-one」と言います。

消防=fire、警察=police、救急=ambulance

911に電話をすると、緊急応答機関(Public Safety Answering Point)に繋がり、消防か警察、または救急かを聞かれます。その状況に合わせて、まず何が必要かを伝えましょう。
その後に、状況説明やその場所、通報者の名前や連絡先を伝えます。

911は日本語でも大丈夫!

英語で状況を説明できない場合は、日本語話者であることを伝えると、日本語を話すスタッフに電話を繋いでくれます。

  • I speak Japanese.
  • Japanese speaker please.

などと言って、「自分は日本語を話す」ということを話してください。
緊急事態は一刻を争うので、シンプルな英語で早急に伝えましょう。

911は、移民や留学生などの英語を母語としない人のために、多くの外国語に対応しています。

さらに、カナダでは固定電話・公衆電話から911に電話をかけると、その時点で位置情報が表示される仕組みになっています。このシステムは不法侵入者がいた場合や誘拐など、通報者が電話口で話せないような緊急時に役立ちます。

カナダの救急車は有料なので、緊急事態以外は極力使わないようにしましょう!

 

他の人に911を呼んでもらう場合

例えば、自分が怪我をしてしまって動けない状況になってしまったとします。
そんな時は、誰かに助けを求めて、救急車等を呼んでもらいましょう。

「んー、英語で助けを求めるときってどうしたらいいの?」と思うかもしれませんが、助けを求めるときはシンプルに伝えればOKです!

他の人に助けを求めるフレーズ
  • Call 911!
  • Help me!
  • Call police/fire/ambulance! etc

911に電話してほしいことを直接伝えなくとも、「Help me!」と助けが必要なことを伝えると、周りの人は察して911に連絡してくれるはずです。

他の誰かに英語で状況を説明できなくても、911に電話をしてもらえれば日本語が話せるスタッフに繋いでもらえるので心配はありません(・ω・´)