都市別カナダ留学

フィリピン留学+α!2か国留学とは!?

 

「2か国留学」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
2か国留学とは、文字通り2か国に留学することです。

「えっ?!2カ国で留学するってどういうこと?!」
「余計お金かかるだけじゃないの?」

2か国留学と聞くと、わざわざ違う2つの国で留学する必要なんてあるの?と疑問に思いますよね。ところが最近、この2か国留学が人気なんです!

なぜわざわざ違う2つの国で留学をする人が増えているのか?!
その理由についてまとめてみました。

近年人気の「2か国留学」とは?

2か国留学とは、一言でいうと「フィリピン留学+α」の留学スタイルのことです。
最初にフィリピン留学を経てから、欧米諸国へ留学しに行くという流れです。
+αの部分は人によってそれぞれ異なります。どの国を選ぶか、どんな留学スタイルにするのか、そのパターンは様々です。

留学を1カ国で終わらせず、最初のフィリピン留学からさらにレベルアップした環境で、再び留学することを目的としています。

2カ国留学の例

半年のフィリピン留学  + 半年のアメリカ語学留学
3か月のフィリピン留学 + カナダでの1年間ワーキングホリデー
9カ月のフィリピン留学 + オーストラリアで3ヵ月インターンシップ etc

2カ国留学が選ばれる理由

2か国留学のメリット

欧米などへの他国留学の前にフィリピン留学をすることで、英語力がほぼゼロの状態から、ある程度の英語力が身に付きます。そうすることで、欧米での留学のスタート地点が中級レベルくらいからになるので、留学をより高いレベルのものにすることができます。

語学学校などのクラスも、初級以上のクラスから始めることができるので、よりハイレベルなクラスで勉強することができます。
また、ある程度の英語力が身についた状態だと「英語で学ぶ準備ができている」ということなので、より深い内容を学ぶこともできます。

さらに、フィリピン留学の後にワーキングホリデーに行く人などは、ある程度英語が話せるようになっていたほうが仕事が決まりやすいです。

 

なぜフィリピン留学なのか?

1.集中型マンツーマンレッスンで英語が伸びやすい

フィリピンの語学学校は集中型マンツーマンレッスンタイプが主流で、それを1日に7~10コマほど組まれています。授業は先生と自分のマンツーマンなので、必然的に1日に話す英語量が圧倒的に多いです。

欧米の語学学校は1クラス10~15人くらいのグループ授業が普通です。マンツーマンと比べると、圧倒的に英語のインプット・アウトプットをできる機会は少なくなります。

フィリピン流の授業形式はまさに集中型で、短期間でスピーキング力を伸ばすことができます。

2.留学費用が安くコスパが良い

フィリピン留学の一カ月の平均費用は約15~20万弱くらいです。欧米などの場合、フィリピンの物価も日本の1/3ほどで、生活費も必然的に下がります。

また、フィリピンの語学学校は寮生活をするところが多く、3食付きの寮もあります。
その場合食費は浮くのでコスパがかなり良いです!

3.日本から距離が近く行きやすい

フィリピンは成田空港から首都のマニラまで、約4~4.5時間ほどで行くことができます。
成田空港・関西国際空港・中部国際空港から直行便が出ており、アクセスが良くて行きやすいです。