はじめてのカナダ留学

先進国で初めて大麻が合法化されたカナダ!留学しても大丈夫?!

カナダでは、2018年の10月17日より嗜好品としてのマリファナ(大麻)の所持・使用が合法化されました。国全土での大麻の合法化は、ウルグアイについで世界で2番目の試みであり、先進国の中では初めてとなります。

日本では、大麻を嗜好品として使用または所持することは違法とされています。そのため、日常生活において大麻は全く縁のないものといってもいいでしょう。

一方で、これからカナダに留学する人は、道端で大麻を使用している人に出会ったりなど、日本では絶対に見られない光景を目撃したり、そのような場面に出くわすことがあると思います。
日本では違法である大麻が、合法化されているカナダに留学する前に、基本的な情報を知っておくことをおすすめします。

 

カナダ全土で大麻は合法化されたが、細かい規制は州ごとに違う!

カナダでは、2001年から医療目的での大麻の使用・所持は合法化されていました。
今回は、医療目的関係なく娯楽としての大麻の使用が認められたことになります。

大麻の娯楽目的での使用はカナダ全土で合法化されたわけですが、それでも依然として大麻の生産・流通・販売に関する資格や使用場所、自宅での栽培に関する規制はあり、州ごとに決められています。

国としての大麻所持及び、使用可能年齢は18歳からとされていますが、一部のブリティッシュ・コロンビア州やオンタリオ州などでは19歳からとされているなど、州によってばらつきがあります。

 

なぜカナダは大麻を合法化したの?

ほとんどの国で違法とされている大麻。カナダはなぜ大麻を合法化したのでしょうか?

カナダのジャスティン・トルドー首相はTwitter上で、「子どもたちがマリファナを手に入れたり、犯罪者がマリファナで不当に利益を得ることは簡単すぎる状況にずっとある。今日、私たちはそれを変える。」とツイートしています。

 

カナダでマリファナが合法化されたことによって、今後期待されることが複数あります。

  • 子どもたちがマリファナを手にする機会が減る
  • 大麻の管理を国の規制下におくことができる
  • 犯罪組織への資金流通を阻止することができる
  • 莫大な税収入が新たに見込まれる

マリファナが合法化される前は違法取引として流通していたため、年齢確認などもせずに子どもから大人までマリファナが簡単に流通している状況でした。これが正式に国の管理下に置くことで、国や州に認められた店やオンラインショップのみで購入可能になり、年齢確認をせずに違法販売していた犯罪業者が激減すると期待されています。
よって、結果的に子どもたちにマリファナが蔓延する事態も阻止できるのではないかと言われています。

マリファナの合法化によって、販売にあたり闇取引がなくなるので、連邦税という税金が発生するようになります。これによって、カナダの連邦政府は年間約340億円という莫大な税収入を見込んでいます。さらには、観光客などからの税収も見込まれるため、カナダにとっての大きな資金源になるでしょう。

 

カナダでは大麻が合法でも、日本人の使用は違法になる!

「カナダ全土でマリファナが合法化されたんだから、カナダに留学したら吸ってみよう!」と思っている人はいませんか?

カナダでは合法でも、日本人の場合は海外にいる場合でも大麻取締法が適用されます。
日本国外に関係なく、日本人にとっては大麻の所持・使用は違法になりますので注意しましょう!

カナダに留学中に、現地人に大麻の使用を勧められた場合は必ず「NO!」という意志表示をしましょう。周りの人が大麻を吸っている環境には近づかないことが1番安全です。

 

大麻が合法な国カナダへの留学は大丈夫?

カナダ全土で大麻が合法化されたことによって、「カナダ留学大丈夫かな?」「今後カナダの治安は悪くなるんじゃないの?」と不安に思っている方もいるかと思います。

カナダではオフィシャルに大麻の娯楽目的での使用・所持が合法化されたものの、実際のところ、以前から大麻が人々にとって身近なものではありました。カナダのジャスティン・トルドー首相も、過去に何度か吸ったことがあるそうです。

なので、状況としては今よりもむしろ改善されるのではないかと言われています。
一方で、大麻を合法化したことで、さらに危険な麻薬に手を出す人が増えるのではないか、など危惧されていることも多々あります。

いずれにしても、大麻を所持・使用しないという強い意志、大麻を吸う人が集まっている場所には近づかないなど、自分自身でできる対策は多くあると思います。

むやみに危険視したり、軽視することはどちらも同じく危険なので、よく考えて行動することが大事ですね(・ω・’)!