はじめてのカナダ留学

留学する際の住民票・健康保険・年金関連はどうする?

 

「留学するときって住民票とか年金とかどうしたらいいんだろう?」

「短期留学と長期留学だと手続きって変わってくるの?」

留学する際の役所での住民票や年金関連の手続きについて、どうしたらいいのか分からない人も多いと思います。

住民票に関しては特に、留学前に絶対こうしなければいけないという規則はないので、情報をしっかり知ったうえで判断するようにしましょう。

この記事では、その判断をするうえでの参考になるような、留学に関する住民票・健康保険・年金関連の情報をまとめています。

留学するときの住民票手続きは?海外転出届の提出義務はあるの?

海外に留学する場合、市町村役場へ行って「海外転出届」を提出するという選択肢があります。これは、日本で引っ越しをする際に提出する転出届の海外版といえます。

結論を言うと、海外転出届を提出するのは義務ではなく任意です。

法的な拘束もありませんが、役所からは一年を目安にそれ以上日本を離れる場合は局出を薦められます。

海外転出届を出す、出さないのでは何が違うの?

留学前に海外転出届を出す、出さないの一番の違いは健康保険・国民年金の支払い義務があるかないかです。

海外転出届を出すことによって、「日本に住んでいない状態」になるのでそれらを支払う義務がなくなります。

 

国民健康保険

海外転出届を提出する場合、自動的に健康保険の登録が抹消となり、未加入状態になります。

代わりに、自分で海外保険など別の保険に加入しましょう。海外での医療費は日本よりもはるかに高額なので、忘れずに別途手続きをするようにしましょう!

仮に転出届を出さずに留学し、現地で医療機関にかかったとしても、帰国後に諸手続きを踏むことで治療費等の7割の額を返金してもらうことができます!

ただし、海外の医療費は日本よりもとんでもなく高いので、7割といってもかなりの痛手を負うことがありますので注意が必要です!

 

国民年金

国民年金も海外転出届を出すことで、支払いの義務はなくなります。しかし、国民年金の場合は任意で支払継続をすることが可能です。将来年金を満額で受け取りたい人は、海外にいる間も任意加入をして年金を納めることができます。

ちなみに、海外転出届を提出して留学中に年金を納めなかったとしても、帰国後に年金の払い直しも可能です。

年金は後からでも留学中に払わなかった分を払えるので、自分の経済状態と相談しながら決めてもOK!

年金の後払いについての詳細は、日本年金機構のホームページに申請方法なども記載されていますのでご確認ください!