カナダ留学準備

留学にあたってのTOEIC・TOEFL事情

 

留学について調べたことがある人は、「TOEIC」や「TOEFL」という単語を聞いたことがあるかと思います。

「これから留学したいんだけど、TOEICとかTOEFl って受けなきゃいけないの?!」

「そもそもTOEICとTOEFLって何が違うの?!」

こんなふうに、TOEICやTOEFLって割とよく聞くものの、実際のところあまりよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

 

TOEICとTOEFLってそもそも何が違うの?!

TOEICとTOEFLはどちらも英語力をテストするものですが、試験の対象者や難易度に違いがあります。

TOEIC® Programとは

日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する、世界共通のテスト。
聞く・読む力を測る TOEIC® Listening & Reading Test と、話す・書く力を測る TOEIC® Speaking & Writing Tests により、4技能(聞く・読む・話す・書く)全ての英語コミュニケーション能力がわかります。

引用:【公式】TOEIC program

TOEICは世界約160カ国で展開されているグローバルな英語能力試験です。

試験が公平公正なものであるために、世界の特定の文化を知らないと解けないような問題などは一切出ません。

TOEICはあくまでも、日常生活からビジネスの場における英語のコミュニケーション能力をはかるものです。

テストは合格・不合格という基準ではなく、990点満点の点数式で英語力が評価されるので、自分の英語力がどれくらいの位置にあるのかを知ることができます。

詳しい試験内容や日程については、こちらからご確認をしてみてください!

TOEIC公式ホームページ

 

TOEFL® テストとは

TOEFL® テスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing Service(ETS)により開発されました。大学のキャンパスや教室といった実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。

TOEFLもTOEICと同じく、英語でのコミュニケーション能力をはかるものです。

TOEICとの違いをざっくり言うならば、TOEICはビジネスで英語を主に使いたい人向けのテストで、TOEFLは海外大学などに留学したい人向けのテストという感じです。

アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、カナダのほぼ全ての大学をはじめとした、150か国、10,000以上の機関が、TOEFLテストスコアを英語能力の証明、入学や推薦入学、奨学金、卒業の基準として利用しています。TOEFLテストは、世界中でこれまでに約3,500万人以上が受験しています。

海外の大学に入学するためには、大半の大学でTOEFLスコアの提示が必要になります。

TOEFLは試験の種類が複数あり、それによって満点の点数も変わってくるので、入学前に自分が何の試験で何点以上取らなければいけないのか把握しておく必要があります。

TOEFL公式ページ

 TOEIC・TOEFLは留学前に受ける必要があるの?

語学留学

語学学校に英語を学びに行く場合は、入校の条件にTOEICのスコア制限があるところはほとんどありません。

ただ、語学学校からそのまま大学に入学できるような学校だと、入校や卒業条件にTOEICのスコアが条件になってくる学校もあります。

自分が通う語学学校がどのレベルなのか、入校条件などを事前によく確認しておきましょう!

 

ワーキングホリデー

ワーキングホリデーに、TOEICのスコア提示は必要ありません。

ワーキングホリデーはどちらかというと、現地で働いたり、旅をしたりするための会話力が求められます。

なのでペーパーテスト用の勉強というよりも、事前に英会話に慣れておくのがおススメです!

 

現地大学への学部留学

現地の大学で専門学を学ぶための学部留学に関しては、TOEFLのスコアがほぼ必須になります。

アメリカ大学留学で必要な平均TOEFLスコアは、TOEFL iBT 61点(TOEFL PBT 500点)以上、アメリカの大学院留学では、TOEFL iBT 79-80点(TOEFL PBT 550 点)以上必要です。

引用:一般社団法人日本ワーキング・ホリデー協会

海外の大学に留学するなら、最低TOEFL iBT61点以上はほしいところです。

ただし、マストなスコアは大学によって変わってくるので、入学願書提出から逆算して自分が何点取らなければいけないのか事前に把握しておきましょう。

受験は何回でも可能なので、自分のベストスコアを提出することができます!

 

TOEIC・TOEFLを留学前に受けるメリット

留学のスタイルによって、TOEIC・TOEFLを受ける必要性があったりなかったりしますが、どの留学スタイルに関わらず留学前に受験することをおすすめします。

その理由は、試験を受けることによって自分の現在の英語力が分かるからです。

今現在の自分のTOEIC・TOEFLのスコアは、留学先の語学学校を決めたり、留学場所を決める際に一つの指標にすることができます。

そしておすすめなのが、留学後にもう一度受験して、自分の英語力がどれほど上がったのかを可視化することです。

留学後は留学前に比べてスコアが伸びているので、自信にもなりますし、改めて達成感を感じることができます。