カナダ留学準備

英語を全く話せない人に効果的な留学前の英会話練習

 

 

留学前に英会話の練習をしておこうという人が多いと思いますが、その方法には様々な種類があるかと思います。

何人かのクラスで行うグループレッスンやマンツーマンの集中型レッスン、またはオンライン英会話など方法はいくらでもありますよね。

 

そんな中で一押しなのは、集中型のマンツーマンレッスンです。

理由は次の2つです。

 

 

1.話す量が圧倒的に多く効率的!

 

マンツーマン英会話は、他のタイプと比べても会話量が断トツです。会話をする人が二人だけなので、必然的に話さなければいけない状況に自分を追い込めます!

 

ネイティブとマンツーマン英会話って、けっこう抵抗感じる人も多いと思います。

私も最初は、「英語話せないし、会話続かないと気まずいから嫌だな…」という不安や恥ずかしさがあって、なかなかネイティブとマンツーマンで会話する勇気が持てませんでした。

 

でも、そういった羞恥心や余計な不安、プライドは全て英語上達の妨げになります!

一旦そういった感情を全部吹っ切って、英語が話せないながらもガンガン話してると、気が付いた頃には、そんなプライドなどはどうでもよくなります。
むしろ、「もっと英語を話せるようになりたい!」 「もっと英語で会話が出来るようになりたい!」という思いのほうが強くなります。

 

ぶっちゃけネイティブの人はあなたの英語が下手くそでも、こっちが思っている程気にはしません。

「話したいけど英語全然話せないしな…」とネガティブに捉えているのは案外自分だったりするので、全然落ち込んだり不安になることはないですよ!

話そうとする姿勢を示す限り相手は聴こうとしてくれますし、英会話の講師なら尚更話を振ってくれたりするのが上手いのでご心配なく!

 

英語を聴く量も圧倒的

 

グループレッスンだとどうしても、他の人が話す英語を聞く時間が発生します。英語を使って他の人とプロジェクトを成すといったことではこの経験も必要になるかと思いますが、留学前の英会話の目的は、ネイティブスピーカーの英語を聴き取る練習にもあるので、これは無駄な時間になってしまいます。その時間があったら、とにかくネイティブの英語を聴きこみましょう!

 

 

さらに、そもそものコミュニケーションを取るという上で、オンラインよりも、直接顔を合わせて会話するほうが格段にやりやすいと思います。

 

英語はあくまでも言語なので、使ってなんぼです。話せば話しただけ早く身に付いていきます。留学前の英会話練習は、英語でのコミュニケーションに慣れるということが最重要点なので、とにかく色んなトピックについて聴く、話すことが必須です。これにはマンツーマンが最適です。

 

 

 

2.他の人と比較して劣等感を感じなくてすむ!

 

自分の英語を、他の日本人に聞かれることに抵抗感を持つ人は多いと思います。

 

グループ形式の場合、自分の英語を聞かれる場面は必然的にたくさんあります。

そして当然、他の人の英語を聞く機会もあるわけですから、嫌でも自分の英語と他の人の英語を比較してしまいます。

英語力に関してはそんなに大差ないはずなのに、他の人の発音が少しいいだけでも、無意識のうちになんかあまり話したくないなという思いを持ってしまいがちです。

 

案外、ネイティブスピーカーに自分の下手くそな英語を聞かれるよりも、同じ日本人に聴かれるほうが恥ずかしかったり、抵抗あったりするんですよね。

 

 

誰もが通る道ですが、最初はとにかく英語をとにかく話すということに最初は集中したほうが、そういった抵抗感も後々感じにくくなります!