留学のお悩み

【カナダ留学後】英語力を維持するためやるべきことは?

 

留学から帰国した人の心配事として一番多いのが、「どうやって留学で培った英語力を維持していくか?」だと思います。

留学でせっかくある程度英語が身に付いたのに、英語力を落としたくないですよね!

この記事は、帰国後の英語力を維持するためにどうしたら良いか解決策を探している方のための記事です。

カナダに一年程留学していた私の経験談も含めてお話していきたいと思います(*´ω`*)

 

 

留学から帰国後に英語力が落ちる理由

そもそもなぜ留学後に英語力が落ちるのか?

その理由は単純で「英語を日常的に使わなくなるから」です。もっと言うと、「英語を使わなければいけない環境が失われるから」です。

留学しているときは当たり前ですが、日本語ではなく生活のあらゆる場面で英語に囲まれており、必然的に自分も英語を使わなければいけない環境に身を投じることになります。

「周りの人が何を言っているのか分からない」

「英語ができなくて現地で生活しづらい」

留学しているときはこんなことをしょっちゅう感じるので、何とかしなきゃいけないという焦りから必死に勉強します。

それが一旦日本に帰国すると途端に周りの環境が日本語になるので、英語を使わなくても何ら生活に支障をきたすことはありません。

つまり、「英語を勉強しなきゃ!!!」という状況が圧倒的に少なくなっていくんですよね…。そしてやらないとどんどん確実に英語を忘れていく、というのが最大の原因です。

 

 

英語を話さなきゃいけない環境に自分を追い込む!

留学から帰国後も英語力を維持するために、日本にいても英語を話さなきゃいけない環境に自分を追いこむことをおすすめします。

具体的には、英語を使ったアルバイトなど、日常的に英語を使う環境が理想です。

 

 

留学後に英語を使ってできるアルバイト

外国人が多いバー

HUB、Britishバーあたりが外国人に特に人気ですね。

私は留学後に外国人が多いバーでアルバイトをした経験があるのですが、少しお酒が入ってフレンドリーに注文を取る際などに雑談をしてくれる人が多かったです。

業務用の決まった英語を使う居以外に、カジュアルな話言葉を話す機会も多かったのが良かったなと思いました。

生きた英語に触れていたい人にはおすすめです!

 

空港

空港内はそもそも外国人も多いため、英語を使える仕事が一つに限らず複数あります。

特に資格を要さず、バイトや派遣レベルでできる仕事もあります。

  • 案内カウンター
  • 搭乗手続きスタッフ
  • レストラン、カフェ店員
  • 荷物の管理 etc

空港内のお仕事は英語も使えつつ、時給も高めなので一石二鳥ですね!

 

ホテルのフロント

ホテルのフロントは、そのホテルの顔であり重要な役割を担う仕事なため、採用基準も高めです。

英語が話せるアルバイトの人は、貴重な存在なので時給も高めなところがほとんどです。

空港の近くのホテルなどは外国人のお客様が多いです。

 

ゲストハウス

ゲストハウスの仕事内容は、ホテルのフロントに近いイメージです。

ただ、ホテルよりはお客様との距離が近いので、より生きた英語に触れることができると思います。

ゲストハウスは世界中から旅人が集まり、とても刺激的な価値観や人生を歩んでいる人との出会いもまた醍醐味のひとつですね。




TOEICを受けて自分の英語力を証明する

英語を使ったアルバイトをするために、TOEICなど自分の英語力を客観的に証明できるものがあると採用に役立ちます。

英語力の基準は職種によってまちまちですが、仕事で英語を使うとなれば最低でもTOEIC700点は必要になってくると思います。

留学後に、まずは自分の英語力を把握するために一度受験してみるのもいいかもしれないですね!